東海道五十三次十八日間一人歩き おすすめスポットベスト3

18日間かけて、一人で東海道を歩きました。東京日本橋を出発して京都三条大橋まで。その中でも特に心に残った名所ベスト3をご紹介します。

おすすめスポット 1.潮見坂 白須賀宿

信長の見た最後の富士山

潮見坂をようやく上り、一息つきたいと思うちょうどよい場所に、おんやど白須賀という施設があります。

エアコンの効いた建物の中で一休みし、白須賀の宿についての展示を見終わって、施設を出るときに職員さんが声をかけてくれました。

その職員さんは、立ち話をしながら表に出ると、「天気の良い日は、こちらの方向に富士山が見えます」と、人差し指で、指し示してくれました。

夏の暑い日でしたので、薄い雲が空にかかり、指さした二軒の家の屋根と屋根の間には、何も見えませんでした。

しかし、京の都から歩き始めて一週間、ようやく富士の山が見えたときの人々の感激は、その指先の雲の上に想像できました。

潮見坂を上ったところに、家康は茶室を建て、信長をもてなしたといいます。眼下に広がる遠州灘と、遠くに霞む富士を見ながら、茶を愉しむ。

武田勝頼を倒したあと、信長に駿河を安堵された家康。信長への最大級のもてなしとともに、一緒に仰ぎ見た富士の山。

信長はこの一月半後に本能寺の変で討たれます。ここで信長は人生最後の富士山を見た。そう思うと、感慨深いものがあります。

This image has an empty alt attribute; its file name is U92HcyN4SkGCK81l1lsX4A.jpg

津波で引越した白須賀の宿

白須賀の宿は、もともと海岸沿いにありました。ところが、1707年に起きた津波で潮見坂の上に引越したとのこと。

浜松湖畔にある新居の宿から白須賀の宿にかけて、遠州灘沿いの崖の下を歩きます。いまでは遠く離れたところに海岸線が見えますが、江戸時代にはずっと手前に海岸線があったと思います。

潮見坂の上には住宅街が広がっています。対象的に潮見坂の下、海沿いには建物らしい建物がほとんど建っていません。

遠く数百メートル先に高速道路とその脇を走るバイパスが見えます。

百年に一度くらいの周期で津波に襲われているようなので、わざわざそのような地域に建物を立てる人は少ない、ということが、目に見えてわかります。

おすすめスポット 2.金谷坂の石畳 金谷宿

東海道といわれて、誰もが思い浮かべる石畳。

かごに乗った人、歩いて上る人。ひとびとの往来を石畳の上に重ね合わせるのではないでしょうか。

実際に石畳を歩いてみると、歩きやすい石畳と、歩きにくい石畳があることに気づきます。

見た目はほとんど一緒です。インスタグラムで拡散された写真を見たところで、歩きやすいかどうかまではわかりません。

たいていの人は、石畳の上で一、二枚写真を撮り、クルマで去っていきます。

よく考えずに並べた石畳は、とても歩きにくいものです。石畳は歩きにくいものと、これまで、そう信じてきました。石畳は歩きにくいという、その思い込みを打ち破ったのが、金谷坂の石畳でした。

歩きやすいし、滑りにくい。こけむしている石もありますが、滑りません。石の上を歩くとき、歩きやすいように、向きを考えて並べてあるのがわかります。

集めた石も、滑りにくいものを選んで並べたのでしょう。いままでに歩いた石畳は、様々な石が混ざっている場合も多く、つるんつるんの石もあり、石の上に乗ることが出来ず、石と石の間のくぼみに足を滑らせながら歩かなくてはならず、怪我をしそうなところさえある始末。

金谷坂を上ったところに、説明書きが置いてありました。

この石畳は地元の人達が自分たちの手で並べたそうなのです。

島田宿のある大井川から金谷宿、そして小夜の中山にかけてのこのルートは、島田市の管轄。おそらく、地元の人達の熱い想いと、同じ想いを持った多くの住人たちが、島田市役所や教育委員会のなかにいるのだと思います。

観光産業が儲かりそうなスポットが周辺にないため、あまり注目を集めていないかもしれませんが、島田市のこの東海道を大切にする人々の気持ちは、歩く人には伝わるものです。

これからも、この美しい風景と東海道を大切に守り、後世に伝えていただきたいと思います。

おすすめスポット 3.富士山 吉原宿(富士市)から由比宿

東海道でもっとも美しいもの。それは富士山。私はそう思っています。

東京からでも、冬の晴れた日には見ることが出来ます。わが家からはちょうど目の前に一本の大木が立っているため、直接見ることは出来ませんが、少し角度をずらした位置に移動すると、富士山の雄大な姿を拝むことが出来ます。

富士山は、そのことば通り、拝むということばがふさわしく、東京の街なかを歩くときも、その姿を目にしたときには、思わず心の中で手を合わせたくなります。

そんな富士山が目の前に大きくそびえ立つのが、富士市。

箱根路あたりから、富士山はその姿を大きく見せ始めますが、富士市はまさに富士山の真正面。こんなにも大きな富士山を毎日仰ぎ見られる富士市の皆さんは、なんて幸せなひとたちだろうと、思います。

富士山はどこから見ても絵になります。箱根の芦ノ湖から見る富士山は格別ですし、三島に下っていくときに、右手に見える富士山も美しいことでしょう。

今回、箱根からの下りは、雨の一日だったので、この目で見てはいませんが、車で箱根へは何度も出かけていますので、その都度富士山を探しては、ありがたやと、心のうちで手を合わせて拝んでいます。

富士山を真正面に見上げる富士市。かつては吉原宿と言っていました。

ここで泊まったホテルが素晴らしかった。

HOTEL NISHIMURA

泊まる部屋にもよるとは思いますが、真正面に富士山が見える部屋はもう最高。斜め前に富士市役所の大きな建物があります。でも、ちょうど目の前には市役所の芝生が広がり、その向こう側には高い建物がないため、窓枠にしっかりと富士山を掲げることができます。ため息が出るほど美しい。

チェックインしてからずっと、夕方の富士、朝焼けに映える富士、雲のかかる富士と、その姿を次々と変える富士山。その美しさを幾重にも変えて魅せる富士を堪能できました。

富士市から由比の宿にかけて、今度は富士山から遠ざかります。前に進みながら、ときどき立ち止まり振り返る。

疲れて目を地面に落としがちなときでも、ふと立ち止まって振り返れば富士の雄大な姿が目に入ります。

さあがんばろう。そう背中を押されているようで、そんな日は一日中、幸せな気分で歩くことが出来ます。

富士市から富士川を渡り、太平洋岸に南下し始めると、しばらく富士山も家並みに隠れます。しかし、そんなときでも、思いがけなく富士山をその姿を目の前に現してくれることがあります。

南下して太平洋岸の道へ降りていく直前、東名高速道路を渡ります。

どーんと大きく富士山。

太平洋岸にでて、由比ヶ浜の方へ曲がると、しばらく富士山とはお別れ。そして薩埵峠で雄大な富士山を最後に仰ぎ見て、興津の町へと下っていくのです。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です