日光街道 Day2 越谷から古河

越谷から歩き始めて、ひたすら一本道を歩く。

どの街道も同じだが、見える風景は同じだ。

日光街道は平坦なので歩きやすい。

坂道がほとんどない。

昔は粕壁宿 今は春日部

春日部と粕壁ではかなり印象が違う。

街の名前はその街の発展に大きく影響を与える。

粕も昔は良い印象だったのだろうが、カスという言葉とかぶるので、春日に変えたのだろうか。

音が同じで字を変えた地名は、粕壁に限らず、街道の各所に見られる。

粕壁は日光街道を支えてきた街であることに誇りを持っている。

案内を見ていると、それがよくわかる。

粕壁宿京方
高札場

杉戸宿、幸手宿のあたりを過ぎると、高い建物は駅周辺以外では見なくなる。

栗橋宿

栗橋宿の先でいよいよ利根川を越える。

その先が古河宿。

古河宿