中山道一人歩き 2日目 浦和宿、大宮宿、上尾宿、桶川宿、鴻巣宿、熊谷宿

浦和宿

東北本線浦和駅からすぐのところを中山道は走っている。いや、中山道沿いに鉄道が敷かれたと考えるのが自然だろう。でも、いまや鉄道が主役だ。

浦和駅からほど近い地点から、朝七時に再び歩き出す。

浦和レッズの応援ポスターグッズが街に溢れている。中山道沿いの街灯には、レッズを応援する旗がはためいている。

浦和の駅前の直前まで歩道もなかった中山道だが、浦和駅前あたりから再び立派な歩道が整備されている。とても歩きやすい。

浦和駅からしばらく歩くと東北本線を越えて線路の東側に抜ける。そのまま一直線に道は北へと向かう。

駅に近づくと駅に向かう人の波が押し寄せる。すると、駅に近いことを感じる。

信号が歩行者用として、一斉に全方位青となるため、駅方面に向かって中山道を横断する人たちと交差する。

中山道を歩いているのかどうか、道を歩いているだけではわからない。アプリのGPSで確認しているので、中山道を歩いているとわかるが、アプリがなければ、鉄道と平行して通る、地元の人がよく使う通りでしかない。

さいたま新都心駅に直結する巨大なショッピングセンターが見えてきた。

浦和と大宮のライバル関係がよく言われる。浦和はもともと県庁所在地で埼玉県の中心都市のイメージがあった。

ところが、大宮の存在感はいまや浦和の比ではない。

巨大なアリーナのみならず、ビルや建造物が駅の周りにそびえ立つ。

大宮宿

大宮は新幹線停車駅だ。新幹線の駅もない浦和駅に比べると、その規模は比較にならない。

浦和の方が行政の中心都市であったから、品の良い街という印象を持っていたが、もう比較にならない。こうなると、浦和がなんとも変わることの出来ない街のように思えてくる。

電車で通るだけでは感じないことも、実際に歩く速度で街を歩いてみると、より細部にまで目が届く。

さいたま新都心駅を過ぎてすぐに氷川神社の鳥居が見えてきた。なんでも氷川神社の参道が昔は中山道だったらしい。鳥居の前で記念に写真を撮り、次へと進む。

大宮から先も中山道には歩道があった。安全に歩くことができる。でも、そこが古から続く中山道であることを感じる機会はとても少ない。

ごくごく稀に中山道を示す標識が立っている以外に、自分が中山道を歩いていると実感できる機会は少ない。

これは東海道と比べた時に歴然とする。

品川から川崎にかけては、歩道の所々にその地でどのような出来事があったか、教えてくれる案内板が立っている。

それは、品川から川崎を越えて、横浜、保土ヶ谷、戸塚、さらに平塚、小田原に至るまで途切れることがない。

その流れは静岡県に入っても続き、愛知県に入るところまで続く。

埼玉県は中山道をただの幹線道路としか認識していない。中山道を多くの人に歩いてもらいたいとも考えていないようだ。

道中の風景や出来事を思い出そうとしても、特筆して印象的なものはない。

上尾宿

ところが、大宮を越えて、上尾市に入って、ようやく中山道の案内板が見えてきた。

所々にこのような説明書きが無いと、街道歩きはつまらない。

街道歩きはむかしの様子を脳裏に思い浮かべて、いまの風景に重ねて楽しむ想像力が求められる遊びだ。

往時の様子が描かれていると、その風景を現代の中山道に重ねてしばし悠久の時を超えることができる。

江戸から歩き始めると、上尾でおよそ十里。約四十キロ歩いて上尾宿に泊まる、というのが標準的なスケジュールだったようだ。

しかし、案内板の数は極めて少ない。

一つ見つけて、しばらくそこで休むとまた、同じ風景が続く。道筋に際立った変化は無い。

ここは上尾だと言われても、浦和だと言われてもそうかなと思ってしまう。

ただ、高いビルの割合は確実に減っている。

大宮までは、十四階建てほどの高さがある建物が並んでいた。

しかし、大宮で極端な巨大な建造物が出てきた後、大宮市街地から抜け出ると、ちょうどいい具合に中山道の両脇で、二階建ての建物が並び出す。

そしてそろそろこの辺で、東京都市圏も終わりが来たことを実感する。つまり、埼玉都民の暮らす、東京経済圏の北の果ては上尾辺りということが言える。

桶川宿

桶川に入ると、急に中山道感が強くなる。それは中山道ふれあい館があることからわかる。

東海道には宿場ごとにこのようなゲストを迎える施設がある。

しかし、中山道を、埼玉県は観光資源とも思っていないらしく、取ってつけたように、「中山道」と掘った石を立てる。

鴻巣宿

でも黒い石に掘ったりするので、写真に撮るとよく見えない。全くインスタ映えしない。

鴻巣宿はひな人形が有名であるようだ。街灯に雛人形の旗が揺れている。

道は特に変わり映えもせず、ただただ真っ直ぐに北へとのびる

吹上の宿

徐々に高い建物がなくなり、鴻巣を過ぎてしばらくすると脇道に逸れて、住宅街を歩くようになる。そして、吹上駅付近で突然左手に折れる。

鴻巣と熊谷の間が十六キロほど離れているため、吹上は間の宿として賑わったそうだ。

吹上からさらに細い道へ入り、JR高崎線にぶつかる。

道は線路の向こう側へ伸びているが、踏切らしきものはない。

と思えば、なんのことはない、線路をまたぐ歩道橋がかかっていた。

ここを乗り越えて真っ直ぐに進むと、やがて荒川の土手に出た。

休日に時々荒川の土手を自転車で走るが、流石にここまで走ってきたことはない。

土手に立つ標識には、河口から七十キロとある。浦和からだと三十数キロだ。

大宮あたりまでは自転車で来たことがある。その先もかなり立派なサイクリング道路があることがわかった。また機会を見て走りに来てみよう。

この日、荒川の土手は風が強く、なかなか前に進めない。

それでも天気は良く、風に押されながらも一歩一歩確実に前に進む。

奥武蔵の峰々が遠くに見渡せる。

さすがに一日の歩数が三十キロを越えてくると、足に疲労がたまる。何かの拍子に段差でつまずくと、疲れていることに気づく。

腰にも疲労が蓄積しているようだ。なぜか背筋が張っている。

久しぶりに長距離を歩いたので、体のそこかしこが活性化しつつも悲鳴をあげている。

一度土手から降りてまた上る。そしてまた下る。

熊谷宿

もうあとはひたすら駅を目指して歩くだけ。

今日の目的地は熊谷駅。

朝七時に浦和駅を出て、熊谷駅まで約九時間。平均時速五キロ弱。距離にして四十二キロ。

日本橋から浦和まで。浦和から熊谷まで。二度に分けて歩いてみた。歩く道は中山道でなくても良い気がした。

中山道は普通の幹線道路が続く。少なくとも日本橋から熊谷まではただひたすら道を歩いた感じだ。

おそらく次の四十数キロもそれほど変わらないような気がする。そして次の目標は高崎になる。

高崎までなら東京から日帰りで電車で行き来出来る。つまり手ぶらで歩くことができる。

中山道の楽しみは山岳地帯を歩き、峠をいくつも越えることにある。そのような楽しみは高崎の先にある。

まずはもう一日、次は高崎までを歩いてみようかと思う。

にほんブログ村 旅行ブログ シニア一人旅へ
にほんブログ村