頭痛の原因は、眼精疲労ではなく、カフェイン中毒かもしれない

原因不明の頭痛

若い頃から頭痛に悩まされてきました。

原因は眼精疲労と思っていました。

私は目が悪いので本を長時間読んだり、テレビを長時間見たあと、首筋がこり頭部がズキズキと痛むことがよくありました。人よりも目が悪いので、目を酷使していることがその原因だと思っていました。

朝日新聞でカフェインについての記事を読んだことをきっかけに、カフェインを摂らない生活をしてみようと思いたち、カフェイン断ちを始めました。

それまで、特になにか問題があったというわけではありません。しかし、毎日コーヒーを十杯前後飲んでいたため、飲み過ぎはサイフにも体にも良くないかなという、ほのかな思いはありました。

まあ、これを機会に、少し飲むのを控えてみようと思ったのです。

小学生のときから飲み始めた

小学生の頃からコーヒーや紅茶を飲んでいました。

その頃は、まだカフェイン入りの飲料を飲むことが体に悪いとは、世間も思っていなくて、子供がコーヒーを飲んでいたとしても、格好つけて大人のマネをして飲んでいるとしか、思われませんでした。

幼稚園でも、おやつの時間にミルクティーを園児全員で飲んでいましたので、世の中一般の話として、カフェインについての意識が今とは相当違っていたかと思います。

四十年以上コーヒーや紅茶を飲んできましたが、お酒と違って、コーヒーや紅茶が体に悪いという話は聞いたことがありません。自分自身、実際にそれで健康を損ねたという経験もありません。

当初は、カフェイン断ちによって症状が現れることは考えてもいなかったので、初日は特に何も意識せず、普段どおりに過ごしていました。

頭痛、吐き気、眠気に襲われる

半日ぐらい経った頃から、頭が痛むようになりました。胃がムカムカして、やたらと眠くなりました。

はじめは原因が思い浮かばずに、かぜでもひいたかなと思いました。

ところが熱を測ってみても35度4分しかありません。

子供にかぜをうつしてはいけないと思い、そのことを話すと、それはきっとカフェイン中毒のせいだ、と言います。うちの子は何度かカフェイン断ちをしたことがあって、カフェイン切れを起こして頭が痛くなる経験をしたことがあると言うのです。

試しにウェブでカフェイン中毒について検索して調べてみると、確かに症状が当てはまります。しかもこの症状は、いままで眼精疲労が原因と思っていた頭痛と、症状が同じでした。

ここで初めて気がついたのです。

この頭痛は眼精疲労が原因ではなく、カフェイン切れが原因の頭痛なのだと。

コーラを飲むと収まる

あまりにも頭が痛むので、試しに冷蔵庫に残っていた、飲み残しのコーラを飲んでみました。すると、飲んでから十五分程度で、痛みが和らぎました。

またしばらくすると、頭が痛みます。そこで再びコーラを飲んでみました。するとまた痛みが引きます。これで、確信に変わりました。私はカフェイン中毒になっていたのです。

コーヒー、紅茶、緑茶、コーラなどのカフェイン入り飲料をよく飲む方で、ときどき頭痛に襲われる、という方がいれば、一度カフェイン中毒を疑ってみてはいかがでしょう。

カフェイン中毒になっても、日常生活が送れないことはありません。すぐに何かが出来なくて困るということもありません。

しかし、カフェイン断ちを試みて、猛烈な頭痛に襲われる経験をすれば、自分がカフェイン中毒に陥っていることに気づきます。するとカフェインへの依存から、抜け出たいと思います。

カフェインを摂らなくなって、二ヶ月が過ぎましたが、体はとても快調です。

また、毎晩浅い眠りが続いていましたが、ぐっすりと眠ることが出来るようになりました。

もしも原因不明の頭痛に襲われている人がいれば、ぜひ一度カフェイン断ちをしてみることをおすすめします。