別荘は自宅から三時間以内で買う

重要なのはアクセスの良さ

別荘を購入するなら、自宅からの距離が重要です。別荘の良さはいつでも好きな時に訪れることができること。ホテルのようにいちいち予約をして、計画を立てて、準備をしてから訪れる必要がありません。これが一番のメリット。

遠い場所に買うと、思いついたときに出かける気分になれません。

では、どれくらいの距離なら、気軽に出かける気分になれるでしょう。

ちょっと気分転換に出かけよう、と思えるのは、せいぜい三時間程度までの距離。

都会だと、二時間ほどかけて通勤する人もいるとは思いますが、別荘までの距離は自宅から二時間半程度がほど良い距離と思います

例えば、東京から二時間程度の距離とはどのあたりになるでしょう。

一時間で百キロ。二時間で二百キロ。

用賀インターチェンジから御殿場経由で箱根までが約百キロ。

東京の永福町インターチェンジから富士山のふもとの河口湖インターチェンジまでが約百キロ。

練馬インターチェンジから碓氷軽井沢インターチェンジが約百三十キロ。

練馬インターチェンジから新潟の湯沢インターチェンジまでが約百七十キロ。

高速道路で二時間の距離と考えれば、東京からだとこの範囲までが別荘としてちょうど良い距離になります。

高速道路は一時間半前後がちょうど良い

高速道路は一定の速度で運転できるので、疲労が溜まりません。それでも二時間続けて運転するとなれば、かなりの緊張が強いられます。

途中でトイレ休憩などを挟むにしても、一時間半程度が程よい距離となるでしょう。

自宅から高速道路までが三十分。高速道路を降りてから三十分で別荘へ到着、と考えれば、合計二時間半程度がちょうど良い距離。

関東周辺の有名な別荘地は、この条件に全て当てはまることがわかります。

高齢になればバスや鉄道でのアクセスも重要

別荘地は大抵は不便な場所にあるので、車で利用することがほとんどだと思います。

ただ、中には高齢で車の運転には自信が無いという方もいることでしょう。

また、年をとってからも長く楽しみたいと考えれば、鉄道やバスでのアクセスも事前に検討しておく必要があります。

東京新宿駅から箱根湯本駅は小田急ロマンスカーで一時間半以内。

新宿駅から河口湖近くの富士山駅までが約二時間。

東京駅から軽井沢駅は新幹線で一時間半以内。

東京駅から越後湯沢駅が一時間半以内。

自宅からターミナル駅と別荘最寄駅から別荘までの距離がこれに加わりますが、上記に挙げた別荘地はバスや鉄道を使ってもおおよそ三時間以内で到着できる距離にあることがわかります。

別荘で大切なのは自宅からの距離。所有して満足するのではなく、利用して楽しむことによって、別荘の存在が意味を持ちます。そのためにも自宅からの距離は大切です。

別荘を購入するなら自宅から三時間以内。これが目安になることと思います。

別荘の楽しみかた
別荘とホテルではその楽しみ方が違う
にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村